僕のレイキャビーク市内観光(1DAY)①

アイスランド旅行

他の記事も書いているのですが、2019年GWにレンタカーを借りて、アイスランドを一周しながらキャンプして来ました!!ぜひキャンプにも興味があれば、泊まったキャンプサイトを紹介しているので、是非覗いてみてください♪

アイスランドで泊まったキャンプ場+ゲストハウス

レイキャビーク市内も一泊だけですが、ぶらぶらして来たので、おすすめのお店やレストランなどをご紹介したいと思います!!!

 

宿泊したのは、22HILL HOTELというところです!比較的リーズナブルかつ、市内の中心地までも徒歩圏内なので、おすすめです!!歩いて20分程度でハットルグリムス協会に着きます!

22 HILL HOTEL


まず、晩御飯を食べに行きました!と言っても特に調べてなかったのですが、やっぱりアイスランド料理を食べたい!!結局、現地の人に教えてもらうのが一番だなってことで、22HILL HOTELのレセプションに教えてもらいました!!

それがここです!!




The Icelandic Bar ‘ISLENSKI BARINN’

ハットルグリムス協会を背に、お土産屋さんなどが立ち並ぶメイン通りを歩いていき、少し右に曲がるとこのお店はあります!

 

Traditional gratinated fish pie ¥2,850

Fermented shark & dried fish with butter ¥1,750

これはどっちもアイスランドならではの食べ物です!いわば、伝統料理というものです!是非、アイスランドで食べてみてください!!

Fermented shark(瓶詰め)・・・現地の料理名は「ハカール」という発酵食品です!ニシオンデンザメなどのサメ肉を塩漬け、発酵させ、4〜5ヶ月間乾燥させたものになります!強いアンモニア臭を保つと言われています。珍料理は美味しいことが少ないですが、やっぱり思い出に食べと来ました!

正直な感想をいうと、そこまでアンモニア臭がしませんでした!!食べる場所にもよると思います!スーパーにも沢山売っているので、好奇心の強い方は食べ比べしてみてください♪ 僕はわざわざもう1回食べることはないですね笑

そして、付け合わせのタラの干物もアイスランド名物です!これもスーパーで沢山売っています!お土産にもいいと思います!見た目通り、結構パサパサしています!バターにつけて食べるのがアイスランド流のようです!バターは無塩のものです!!

このクーポンはマストで入手!!

ホテルに置いてあった手帳サイズのクーポン雑誌です!表紙には「毎日3万円節約できるよ!」って書いてあるんですが、あながち間違いではありません!

このレストランもこのクーポン雑誌に載っていて15%程度OFFになりました!しかも1ドリンク頼むとブレニヴィン(Brennivin)のショットをくれました!グレンニヴィンは「燃えるワイン」とも呼ばれており、ジャガイモや穀物から作られる蒸留酒でアイスランド特有のものではなく、北欧諸国で飲まれているお酒のようです!

ハカールを流し込むためのお酒とも言われていました笑 そう聞くと、誰もハカールを喜んで食べていない気がするんですが、気のせいでしょうか笑

アイスランドのビールも豊富にあります!!




Fotografi

メイン通りで思わず入ってしまったお店です!写真とフィルムカメラが沢山販売されています!こういうお店があるとテンションがかなり上がりますよね!写真自体はそこそこしますが、なかなかセンスの高い写真が飾ってあります!カメラ自体は日本製のものが多いです!写真好きの方は是非寄ってみてください!!

 

この手のお店には注意⚠️

2013年頃にも一度アイスランドに旅行したことがあるんですが、街の通りはガラッと雰囲気が変わっていたというのが第一印象です!また、数年でガラッと変わるのでしょう。

一番の変化は、安価なお土産やさんがかなり増えていたということです。3BUY1FREEなんてアイスランド人がしそうにもないサービスですよね。。。。おそらく、この手の土産屋さんは中国人が経営していると思われます。

確かにバラマキ土産をアイスランドで買うのはなかなか難しいですが、ここのは本当に「量産品」という印象がありました。入っていく観光客もほとんどが中国人の方。中国人内でお金が回っていると思うと面白いですけどね笑

ハットルグリムス協会

レイキャビークのシンボル的存在といえばハットルグリムス協会です!この写真は晩御飯を食べてから散策しているときに撮りました。GWは白夜にかなり近づいているので、夜でもそこそこ明るいので、何時か忘れて遊びすぎてしまいます笑

この協会のデザインはかなり個人的に好み何ですが、ここまで仰々しい協会ってあまりないんじゃないでしょうか?

そしてこの協会の前に立っている銅像ですが、皆さんご存知でしょうか?

あまり世の中には知られていない「レイフ・エリクソン」という方です!事実は意図的に公表されていないのかもしれないのですが、実は「アメリカ大陸発見者」と言われています。

コロンブスがアメリカを発見する500年前にアメリカの地を踏んでいるというのは僕にとって驚愕の事実でした!wikipediaに根拠やそれにまつわる世界遺産について書かれているので、興味があれば読んでみてください!

そして北欧が好きな方にオススメする漫画があります!ヴァイキング時代を描いたもので、絵もかなり綺麗なのも高ポイントなのですが、北欧の当時の様子や歴史的背景を大まかに把握することもできる魅力的な漫画です!この作品には「レイフ・エリクソン」も登場します!少し、えぐい描写もありますが、興味があれば読まれてみてください!!




さて、晩御飯の後のぶらぶら散歩はこんなところです!

翌朝の散策はまた記事にします!